戦わない空手 "心の黒帯"を第一に子供たちを指導しております。

ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

はじめまして、館長の南野和典です。武道の世界に入ったのは今から45年も前の事になります。小学一年生の頃に柔道を習いはじめました。武道の影響もあってか小学校三年生の頃には人間の生き方に興味をもちはじめ人の道について考える事が多かったように記憶しています。そんな学校生活を過ごしながら柔道の道も共に卒業しました。大学を卒業して就職しましたが商売に興味を持っていた私は起業をしてビジネスに挑戦しました。その時に再び武道の世界に入ることになりました。それが空手道でした。
空手道について少し説明したいと思います。
大きく分けると二つあり、試合を中心に大会やセミナーを開催して行く団体と自分の鍛錬に稽古を主とする団体です。私は前者の団体で稽古をすることになりました。入門すると黒帯をとること、試合でタイトルを取ること技術体系が目的である稽古の毎日でした。もちろん、黒帯もタイトルも素晴らしい実績だと思いますし目指すことは良いことです。人を倒して凄い先輩、強い打撃でも耐えうる先輩が大勢いました。それはそれは稽古すれば人間は強靭な体に変化するのも体感しました。しかし、人間の本当の強さとは何かをもう一度考えさせられることになりました。大学生の頃ですが人生や生き方を教示してもらえる師匠に出会えた私は、武道においても精神性なことを根本に武道を語る方に出会いたかったと思います。私が見てきた道場では師匠と弟子において技術を継承する?何でも押忍で言う事を聞く弟子を育てる?どのような教えを伝承する?技術論以外の本当の教えとは?ついての納得ある心の深い答えには出会えませんでした。それから武道と人道について真剣に考え取り組むようになりました。
そのような時に、若くして会社を立上げた社内にも多くの優秀な従業員がいてそんな従業員を見てふと浮かびました。社員面接をしている時です、道には礼儀作法や技の鍛錬だけでは足りない。社会人として通用するための心豊かな道が必要だ。つまり、決別の世界観から融合の世界観にしていかなければと答えが鮮明になりました。そんな時です、運命と言うべき空手の世界で独立することとなりました。人生の師匠から学んだ事と私が経験してきた事を空手道を通して伝承して行きたいと思っております。教え子たちには武道の世界では経験できないこと、精神論、生命論を基に社会で生き抜くチカラを育でおります。現在は子供たちだけで「いじめ問題」にも率先して取組んで頑張ってくれています。またボランティア団体のLanguage Rescue「外国人の困りごと解決」にも語学の壁に挑戦しながら活動してくれています。

道場生には「戦わない空手」賢者・強者・勝者にと豊かな心の黒帯を巻き、現実社会においてそれぞれの舞台で活躍する人材にと心から願っています。世界に羽ばたけ心の黒帯!

お気軽にお電話ください。 TEL 06-6792-0888 10:00〜18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
taikenn
tatakawanai
3point

本部常設道場

meiko

キッズダンス

dance

アジアンヨガ

アジアンヨガ
PAGETOP
Copyright © 明孔会館 All Rights Reserved.